FC2ブログ
2018/12/11

あたたかいみそ汁で一息

こんにちは。
本格的に寒くなってきましたね。
朝も寒いと思いましたが、曇りで太陽が顔を出さないので日中も冷えます。

そんな時期に恋しくなるのがみそ汁。
出汁とおみその香り、たくさんの具を入れれば立派なおかずになりますね。

でも、出汁を取っている時間が無い!という時は、
コーボンみそで即席みそ汁はいかがですか。
IMG_3045new.jpg
コーボンみそは、1年~1年半熟成・発酵させた天然酵母と
国内産の米麹で、国産大豆・塩を仕込み、
発酵熟成させたおみそ。

旨味たっぷりなので、忙しい時は、お椀にコーボンみそと乾燥わかめを入れ、
お湯を注ぐだけ!という即席の味噌汁でも美味しいです。
ぜひお試しください♪



スポンサーサイト
商品情報 | Comments(0) | Trackback(0)
2018/11/20

コーボン赤ぶどう人気です♪

数量限定で発売中のコーボン赤ぶどう
おかげさまで今年は例年より動きが早いです!

先ほども「まだ在庫はありますか?」とお客様からお問い合わせを
いただいたところでした。
IMG_3001.jpg
現状、まだ在庫に余裕はございますが、限定品ですので、
ご購入を検討されている方は、ぜひお早めにお買いおとめいただけたら幸いです。

先日、今年のボジョレーヌーボーが解禁されましたが、
お酒を飲まれない方は、赤ぶどうの発酵液を100%使用した
コーボン赤ぶどうで、ぶどうの風味をぜひお楽しみ下さい!


商品情報 | Comments(0) | Trackback(0)
2018/04/12

素材を生かし、味を引き立てる「コーボン発酵料理用」

こんにちは。
今日は、コーボン自然食シリーズの中から
「コーボン発酵料理用」(550g入り 税込価格2,484円)をご紹介します。
180412.jpg
見た目はお味噌のように見えますが、中身は全く別物。
コーボン発酵料理用は、酵母飲料のコーボンを作る際にできる「醪(もろみ)」を
ベースに作ったペースト商品です。
コーボンと同じで果物が主な原料なので、なめてみるとフルーティな味がしますよ♪

使い方はそのまま食べるのではなく、
「発酵料理用」とある通り、調理に使います!
発酵力の強い酵母が含まれており、酵母が生み出す酵素が働くので、
素材の臭みを取ったり、柔らかくしたり、旨味を引き出したりするのが得意です☆

使い方は例えば…
★玄米を炊く時に
洗米した玄米を水に漬けて置く際に、発酵料理用を加え時間をおいて炊飯すると
「これが玄米?!」と驚くくらい、柔らかくもっちりとした炊き上がりに♪
玄米初心者の方にもおススメの使い方です。

★肉・魚の下処理に
肉・魚を調理する前に塗っておくと、臭みが取れて
できあがりもジューシーに。
魚の場合は、発酵調理用を少量溶いた水で切り身を洗っても
臭みが取れます。

★市販の調味料に混ぜて
しょうゆ・酢・ソース・ケチャップなど各1Lに対し、
発酵料理用大さじ2杯よく混ぜて使います。
発酵のチカラで塩分が柔らかくまろやかになります。

以上、いかがでしたでしょうか。
コーボン公式サイトにはその他色々な使い方を掲載しておりますので、
ぜひ商品ページをご覧ください(*´v`)
商品には使い方を紹介したパンフレット付きです。

商品情報 | Comments(0) | Trackback(0)
2018/02/14

コーボン赤ぶどう残りわずかです!

こんにちは。
秋から数量限定で発売しております、コーボン赤ぶどうの在庫が10本を切りました!

契約農家で育てた赤ぶどうを、丸ごと使って仕込んでおり、
ぶどうの優しく芳醇な風味が楽しめると、
ご好評をいただいている当商品。
炭酸水で割ってスパークリングワイン風に飲むのも
美味しく、おススメです。

現在の在庫が完売しますと、今年の秋まで販売予定はございませんので、
購入をご検討中の方、毎年おまとめ買いをされている方も
ぜひこの機会にご利用いただけたら幸いです!

【コーボン赤ぶどう】
525ml入り/税込価格 3,888円
http://www.daiichikobo.com/SHOP/013.html
商品情報 | Comments(0) | Trackback(0)
2018/01/16

パックにもコーボン♪

今日は少し寒気が緩んだような…そんな1日でした。
それでもやはり、乾燥が気になりますね。
頬がざらざらしたり、ピリピリしたり。
特に女性は気になるのではないでしょうか?

そんな時、コーボンでパックはいかがですか?
洗顔後に、コーボン数滴を顔にのばし、数分おいて水かお湯で流して終わりです。
私は、入浴をしている間にコーボンパックをしています。
流した後は、しっとりツルン♪としてきますよ~
ぜひ、お試しください。

商品情報 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »